東京の賃貸事務所のコスト

割高ではない

東京に自社物件で事務所がある企業もいるでしょうけれど、
そうそういい土地が手に入るわけもなく、おおむねは賃貸事務所東京を利用していると考えます。

そこで果たして賃貸事務所東京のコストはどうなのかを考えれば、
全国的と比較すれば割高と言えるでしょう。

しかし東京の賃貸事務所の存在意義を考えると、さほど高い家賃とも思えません。

逆に東京に拠点があることが業務へ好影響を及ぼすと考えてもおかしくないでしょう。

通常賃貸事務所を探す場合、坪単価で比較することが多いですが、
坪単価だけで場所を決定するには東京という町は簡単ではありません。

東京にあればいいというものではなく、
業務に最適な場所を的確に探し出さなくてはいけませんから、
地方都市で賃貸事務所を探し出す時よりコアなエリアに目を向けることになります。

とにかく安い、新しい、耐震基準、賃貸期間の自由度があるetcとセレクト基準は企業によってさまざまですが、
単純比較できないのが賃貸事務所東京の難しさなのです。

 

相場はある

賃貸事務所東京でエリアの相場はあると言えます。

極端に安い賃料にはそれなりの理由が隠されていることも多い。

いっけん良さそうな事務所でも、
同フロアに怪しげな企業が入居していれば堅い業種なら嫌煙するのは当然と言えます。

結局相場より安い物件は選び出す企業が少ない証拠で、
もしくは安くても入居してもらいたい大家の思惑もあるかもしれません。

これも安くしてでも入居させたい思惑があり、単純に安く貸す理由は存在しません。

お得な物件なのか?
それともいわくつきなのか?
を見定めることが東京の賃貸事務所をうまく借りるコツでしょう。

駅チカだからといい物件とも限りませんし、その反対もしかり。

だからこそ借りたい地域の情報をしっかり握ってからの賃貸事務所探しが最適です。

地元に精通した不動産会社に相談すれば、
よもやま話も聞ける上に、相場と物件の優位点を教えてくれるでしょう。

高くても人気のある物件の理由を知れば、割高感もふっしょくされるかもしれません。